アメカジの真髄!革のブーツに合うジーンズを紹介

アメカジ

革のブーツに合うズボンって何だろう・・?
欲しかったブーツを手に入れた時って何のズボンに合わせようか迷ったことありませんでしたか?
ボクは生まれて初めてレッドウィングのエンジニアブーツを買ったとき、
本当に迷いました(笑)

ボクに言わせれば革のブーツに一番手堅く合わせやすいのは何といってもジーンズだと思っています。

何故ならバイク乗りのライダースファッションが最高に好きだからです。
ほら、バイク乗りってよく上はライダースジャケット、下はジーンズ、靴は革のブーツって
よくあるパターンじゃないですか。
あの格好が大好きなんです。

今回はそんな感じでブーツに合うジーンズを紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.リーバイス501

まず紹介するのはリーバイス501!

501はジーンズの中でも定番と言われるストレートのジーンズです。
ジーンズと言ったらまずリーバイスの501と言ってもいいくらい定番です。
これさえあればブーツだろうがスニーカーだろうがどんな靴にも合います。

特にアメリカでは40年前にはすでにリーバイスにレッドウィングのブーツを合わせるのは定番でした。
40年前のアメリカ映画からもそれが見てとれます。


ともかく、ジーンズに迷ったらまずはリーバイス501をチョイスしておきましょう。

2.桃太郎ジーンズ

次に紹介するのは桃太郎ジーンズです。

桃太郎ジーンズは国産のメーカーです。大量生産ではなく質重視で作られているのでデニムは質実剛健なつくりです。また、履いていくうちに綺麗に色落ちして味があるジーンズに仕上がっていくので少々お金がかかってもいいがホンモノのジーンズを履きたい、革のブーツに合うしっかりしたジーンズを履きたいという方におすすめです。

3.フラットヘッド

お次に紹介するのはフラットヘッド!

フラットヘッドのジーンズも日本製のジーンズです。
ボクも所持しているのですが非常にゴワゴワしたジーンズです。
購入当初は固くてゴワゴワして履きごこちも良くはありません。
しかし、長く履いているうちに足にしっかり馴染んでいきます。

色落ちもいい具合です。

ブーツにジーンズ、それはアメリカンカジュアルの鉄板ともいえるファッションです。
ぜひ慎重に選んでみてください。

アメカジ
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る