歩きやすいスニーカー!ニューバランスの魅力とおすすめのスニーカー7選

アメカジ

ニューバランス、それはファッション好きのみならず
一般的に広く知られているスニーカーブランドです。
ボクもニューバランスのスニーカーは愛用しています。

何故愛用しているのかというとニューバランスの靴って結構歩きやすいんですよね。
その分値段は1万円以上かかるので少々お高いですが(;^ω^)

ボクに言わせればニューバランスの魅力ってやっぱり値段は高いが格好良くて歩きやすい所です。今回はそんなニューバランスの魅力について説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もともと矯正靴のメーカーだった

ニューバランスは20世紀初頭、偏平足を治すための矯正靴メーカーとして誕生しました。
このため、ニューバランスには当初から人間の足の構造や整形外科の深い知識がありました。
だから非常に履きやすく、かつ歩きやすい靴を作ることが出来るのです。

商品が高品質な分、高額になりがち

近年、世界でグローバル化が急速に進んでいます。そのため、アメリカなどの先進国が衣料品や靴といった製品の生産をより生産費がかからない東南アジアの国に外注するというケースがかなりあります。

しかしニューバランスの靴は未だにアメリカやヨーロッパで生産されているため、靴の質は高いですがその分高額になりがちです。

決して高い買い物ではない

懐が痛い・・なんて感じるかもしれません。
しかしニューバランスの靴は他の靴と比べて圧倒的に履きやすいし歩きやすいのです。
例えば靴を履くときだって柔らかくて頑丈なゴムの素材を使用しているので
少々慌てて強引に履いてもびくともしませんし難なく履くことが出来ます。

また、ニューバランスの靴を履いて歩いている時は靴の中はゆったりしていて
足が締め付けられるということもありません。

しかし、ゆったりしているといっても自分に合ったサイズなら靴ずれを起こすこともありません。

多少お値段が張ってもいいけど履き心地が良くて歩きやすいスニーカーが欲しいという方はニューバランスのスニーカーをおすすめします。

履きやすくて歩きやすいニューバランススニーカー7選

それでは次に履きやすくて歩きやすいニューバランススニーカー7足をご紹介していきます。

ML574

まずはボクも愛用している「ML574 EGN」です。

こちらの「ML574 EGN」はニューバランスの定番である「576」をモチーフに90年代に誕生しました。
そのため、靴底は未舗装のガタガタした道でも歩きやすいです。
また、ML574は各部のシューズ構造やラストをすべて見直し、フィット性、クッション性、グリップ性が向上しています。

また、靴底の構造を一から設計しなおし、パーツの数や工程を減らしているので
足に違和感なくフィットします。

ML574 EGNの特徴

  • 未舗装の道でも歩きやすい
  • 快適なフィット感、クッション性、グリップ性を実現
  • 履いても足に違和感なし

MRL996 AG

次に紹介するのは「MRL996 AG

こちらは80年代流行った996のデザインをもとに、
軽くてクッション性が抜群の衝撃吸収材「REV LITE」を使用したソールを組み込まれて作られました。

グレーを基調としたシンプルなデザインですので様々なファッションに合わせやすいのも魅力的です。

また、22.0センチからサイズがありますので女性の方も履くことが出来ます。

MRL996 AGの特徴

  • シンプルなデザインだから服に合わせやすい
  • 軽くてクッション性が抜群
  • 女性の方もOK

M998

次に紹介するのはM998!

M998 」は1993年にデビューしました。
M998 」の特徴はABZORB(アブゾーブ)を初めて搭載し、衝撃吸収性能を更なる高みに到達させた点です。

ABZORB(アブゾーブ)とはほぼ100%に近い衝撃吸収性を誇るクッション素材です。足が着地時に受ける衝撃を確実に吸収し、さらに、そのエネルギーをそのままリターンさせる反発性も兼ね備えています

先進テクノロジーと伝統のデザインを上手く組み合わせた一足となっています。

M998の特徴

  • 衝撃吸収性能が高い
  • 見た目は伝統のデザイン、中身はハイテク

MRL996 PB

次に紹介するのは「MRL996

MRL996」は80年代の傑作モデル「996」のアッパーデザインに、軽量でクッション性に優れたREVLITEミッドソールを融合したモデルです。

シックなアーストーンをベースにアウトドア向きなイメージを演出しています。

M1040 B8

次に紹介するのは「M1040 B8」

M1040 B8」は元々、日本人向け長距離マラソン用モデルとして開発した「M600」として誕生してから20年以上の間、ランナーの足を支え続けるために、最新のテクノロジーを搭載して進化を遂げてきました。

元々マラソン向けということもあり履き心地、歩き心地は抜群です。

M1040 B8の特徴

  • 縫い目を極力排除しているので抜群のフィット感をもたらす
  • かかとのホールド性と着地時の安定性が高い
  • 内側への過度な倒れ込みを防ぐ構造になっている
  • 広い接地が可能
  • 使いやすいので足腰に不安のある方やビギナーの方にもおすすめ

CM1700 GX

次に紹介するのは「CM1700 GX」

CM1700」は90年代の最後を飾る高機能モデルとしてリリースされた「1700」を、メッシュアッパーと落ち着いたカラーリングで彩ったものです。

CM1700」の靴底には、衝撃を吸収するクッショニング素材「ABZORB」が搭載がされています。そのため、靴のクッション性と履き心地が抜群です。

CM1700の特徴

  • クッション性と履きごこちが抜群
  • 落ち着いたカラーリング

MA85 GY

次に紹介するのは「MA85 BLACK/GRAY」です。

MA85」はウォーキングまたはアウトドアを目的として開発されたシューズです。軽量でソフトなクッション性を持つ素材のおかげで弾むような心地よく歩くことが出来ます。

MA85」はニューバランスの中でも汎用性が高く、山の中から街の中まで様々な場所に対応しています。

MA85の特徴

  • 軽量でソフトなクッション性
  • 山の中から街の中まで様々な場所に対応

以上、ニューバランスの履きやすいスニーカー7選を紹介しました。
ボク的には、確かにニューバランスの靴は少々値段が張ります。
ただその分、他の靴と比較しても圧倒的に履きやすいし歩きやすいので
買っても決して損はないので強くお勧めします。

アメカジ
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る