ヤンキーだけのものじゃない!スカジャンの魅力

アメカジ

どうもやないです。
今回は知る人ぞ知るスカジャンの良さについてお知らせします。

「スカジャン」そう聞くとどんなイメージがありますか。
失礼な話ですが「イカツイ」「ヤンキーっぽい」
そんなイメージを持っている方もいるかもしれません。
しかしスカジャンは着こなし方によって非常におしゃれな存在になりえます。

今回はそんなスカジャンの魅力をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スカジャンは横浜の横須賀で生まれた

まずスカジャンはいつごろできたのか。
第二次世界大戦後、横浜の横須賀市に駐留していたアメリカ軍兵士が鷲・虎・龍などの柄や自分の所属している部隊や基地などのエンブレムをデザインした刺繍をテーラーショップにオーダーしたのがスカジャンの始まりです。

テーラーショップとは
スーツなど紳士服の仕立て屋、洋服屋、裁縫屋のことを指します。

ちなみにスカジャンの「スカ」は横須賀の「スカ」です。

政治家の小泉進次郎氏は選挙区が横須賀ということもあり
公の場で実際にスカジャンを着たりしています。


いや~進次郎さん格好いいっすね~(^^)

スカジャンはヤンキーだけのファッションではなく、いろんな人が楽しめるようになった

失礼な話ですがボクの場合、かつてスカジャンと聞くとどうしてもイカツかったりヤンキーっぽいイメージがありました。

何というか、ワイルドというかアウトローな人がスカジャンを着るというイメージがありました。
しかし近年、スカジャンがメジャーなファッションになりつつあります。
先述の小泉進次郎さんもそうですし
また、女子高生の間でもスカジャンは流行りつつあります。

もはやスカジャンはメジャーな存在になりつつあるのです。

意外と他の服やズボンに合わせやすい

スカジャンの中には龍や虎の刺繍が入れられていおり、少々派手な印象が見受けられます。

ところがどっこい、意外にもジーンズやチノパン、スウェットに合わせやすいです。

おすすめのスカジャンメーカー2選

最後に初心者におすすめのスカジャンメーカーを2社ご紹介します。

demain(ドゥマン)

まず紹介するのは「demain(ドゥマン)」

普通、スカジャンは作るのに細かい裁縫が必要となるため、どうしても値段が上がりがちです。
しかしドゥマンのスカジャンは6,000~9,000円程度で購入することが出来るのでお勧めです。
値段が安い分、質はどうしても高いやつに劣るかもしれませんが初めてスカジャンを買う!という人にはお勧めです。
デザインもおしゃれですしね。

東洋エンタープライズ

次に紹介するのは東洋エンタープライズ

東洋エンタープライズは日本の老舗のアメカジファッションのメーカーです。
東洋エンタープライズと言ったらスカジャン!くらいファッション業界では有名な会社です。
と、いうのもスカジャンはそもそも東洋エンタープライズの前身である会社が
アメリカ軍に納品していたぐらいですから。

高額だが高品質

東洋エンタープライズのスカジャンの特徴は
高額だが質は圧倒的に良いという点です。
値段は30,000~60,000円ほどしますので正直ふところが結構いたいです。。

しかしその分スカジャンに使われている布も上質なものを使ってますし
裁縫もしっかりしているのでなかなかほどけません。

良いものを永く使いたい、そんな方におすすめします。

どうです?スカジャンの魅力がお分かりいただけたでしょうか。スカジャンは裁縫がほどけたり洗うと縮んじゃったりなにかとトラブルが多いものなので多少高額でもしっかりしたものを購入することをおススメします。

アメカジ
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る