募集人数が極端に少ない!管理部門系職種に就くためにやるべきことは?

就職・転職

一般的に管理部門系職種(経理、財務、法務、人事、広報、秘書。経営企画)は募集人数が極端に少ないです。ましてや未経験で働くのは至難の業です。経理職や財務職の選考を受ける場合、最低でも日商簿記二級以上ないと書類選考すら通らない…なんてことがしょっちゅうあります。

実際に内定を取れるのは簿記一級を取得していたり、公認会計士の受験者といったデキる人たちがほとんどです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人事職も未経験は厳しい

就職活動をしていると説明会で会社について説明してくれる人がいるかと思います。あれって大半は人事職の方がやってるんですがあれもなかなか未経験は厳しいです。

何故なら成果を出せる人材を見抜き、デキる人材を説得して入社してもらうという仕事を、経験が少ない人には難しいと考えられているからです。

法務職も厳しい

法律の知識が必要不可欠な法務職に関しては法科大学院(ロースクール)を卒業した方でさえ、なかなか選考が通過しにくいです。
というか企業によってはガチの弁護士が法務職を担当する…なんてこともあります。

弁護士というと超難関の資格ですので法務職の仕事に就くには非常に敷居が高いということを覚えておいてください。

最後に:管理部門への就職を目指すためにやるべきこと

管理部門系職種(経理、財務、法務、人事、広報、秘書。経営企画)への就職を目指すのなら、以下の方法を実践しましょう。

1.希望する職種に特化した就職支援サービスと既卒・第二新卒に特化したサービスを使って就活する

管理部門系職種を目指すあなたにおすすめな就活支援サービスがあります。
その名も「MS-Japan」です。


MS-JAPANは管理部門系職種に特化した就職エージェントです。これに登録することで様々な就職支援を受けることが出来ます。(登録は無料です)

例えば、プロのキャリアアドバイザーがあなたのライフスタイル(残業が少ないところで働きたい、高給なところで働きたい)などの希望を踏まえて最適な求人を紹介してくれます。

またキャリアアドバイザーは他にも面接が苦手な方に対して模擬面接をやってくれたり、履歴書や職務経歴書の作成のサポートも行ってくれます。

さらにはMS-Japanだけが所有している稀少な非公開求人もありますので是非登録してサービスを使いましょう。

2.将来的に希望する職種になれるように選考を受ける範囲を広げる

  • 経理職:経理事務など様々な仕事を任せてくれる小さい会社で経理とての実務経験を積む・簿記の資格を取得する
  • 法務職:法務実務経験が積める法律事務所で実務経験を積む
  • 人事職:人事職と関連性が高い人材派遣会社・営業職で経験を積む

3.経験を積んだ後に希望している職種に転職する

これは求人が少ない職種という点で事務職と共通するのですが求人が少ない職種だとどうしても採用の倍率が上がってしまいます。その中で結局一番重視されるのは「経験」なのです。他の会社でしっかり実力をつけてから管理部門への就職を目指しましょう。

トップへ戻る