社会人経験がない人、浅い人がなかなかイメージがわかない職種「事務職」「管理職」について説明するよ

就職・転職

社会人経験が浅かったり全くない方は「この職種って何やるんだろう・・。」って不安になったことってありませんか。ボクは就活していた時しょっちゅう不安になっていました。

というのも志望する職種について確かなイメージや理解がないと履歴書の志望動機や自己PRも上手く書けないからです。

今回はそんな社会人経験が浅い人がなかなかイメージがわかない職種「事務職」「管理職」について説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事務職・管理職は細かく仕事が分かれている

事務職は・管理職は他の職種と比較して細かく仕事が分かれています。

事務系職種

事務系職種には大きく事務職と総務職があります。

事務職

それではまず事務職について説明していきます。事務職の業務内容は多岐にわたります。来客の受付、電話対応、書類の作成や分類に加え、会社によっては伝票の処理など経理の簡単なサポートを求められることもあります。

「事務職って簡単なことやってるんでしょ?」なんてイメージを持っている方も中にはいるかもしれません。しかし実際にはワードやエクセルを含めたPCスキル、コミュニケーション能力、正しい日本語力等オールマイティな能力を持った人材が求められる職種です。

ちなみにここでいう「事務職」というのは「医療事務」「営業事務」といった少し専門性が高い職種も含んでいます。

総務職

総務職の業務内容は、事務職以上に企業によって様々なものがあります。「他の部署で対応できない仕事」の全てが総務職の仕事です。具体的な業務内容としては、オフィスの備品・建物の管理、個人情報保護などの防犯対策、社内イベントなどです。つまり、業務内容の幅がとても広いのです。

中小企業などは、総務部が経理業務や人事業務を兼任していることもあります。また大企業では総務部の他に、いくつかのセクションがあることも珍しくありません。

管理部門系職種

次に管理部門系職種について説明していきます。管理部門系職種には経理、財務、法務、人事、広報、秘書。経営企画があります。

経理職

経理職の主な仕事、それは会社内での入金や出金などのお金の動きを記帳する会計処理を行うことにあります。経理で一番大事なのは何か?それは「何にお金を使ったか」です。どっかの社員が会社のお金を横領したなんてニュースをたまに目にすることがありますがそういった事態を絶対に防ぐためにも正確な仕事を求められます。

また、そのうえでスピーディな仕事をすることも必要不可欠です。

経理職も何も知らない人からはデスクワークに思われがちです。しかし、経費を使い過ぎている社員や部署があれば報告をする必要があります。また税理士や公認会計士など社外の人間とコミュニケーションをとることもあります。

さらに企業によっては資金調達など、どちらかというと「財務」に関する業務に携わることもあります。

法務職

法務職は企業活動に対する法律問題に対応しています。
営業職がお客様に対して、契約の具体的な内容を詰めるときに法律的な部分からサポートして社員の活動にコンプライアンス違反がないか、自社の商品が著作権侵害していないかチェックします。また、その際に弁護士と連絡を取ったりします。

それゆえ、法律の知識は必要不可欠です。また書類を作成する機会も多いのでPCスキルや高い日本語能力も求められます。
ああ、ボクも大学でもうちょっと法律についてまじめに勉強しときゃ良かった…。

人事職

人事職の業務内容、それはその名の通り社内の人材に関するものです。具体的には給与計算や組織に関する問題などを全般的に扱います。転勤・異動・昇進・降格などによる適切な人員配置を計画したり、社員への教育・研修などの計画を考えて実行に移します。

また、就職・転職活動中の方の採用活動の計画を立てたり書類選考や面接なども人事の仕事です。

ガツガツ行くのが苦手な人は「事務職」「管理職」が合ってるかも

これは特に文系の大学あるあるなのですが文系学部卒の人って大抵は営業の仕事をやることになるんですよ。現にボクがいた文系の大学に来る求人の8割以上が営業職の求人でした。ただ、中にはガツガツ売り込むのが苦手な人っていますよね。

そういった人は案外、「事務職」とか「管理職」の仕事が向いていたりします。

何故ならボクもガツガツするのが苦手な人だったから良く分かるのですがそういう人って細かい作業だったり、地道にコツコツと積み重ねる仕事が向いていることって結構あるんですよ。

「事務職」とか「管理職」の仕事ってどちらかというとそういった仕事が多いので「私ガツガツ営業かけるの苦手…。」なんて方は求人の数こそ少ないですが「事務職」や「管理職」の仕事も検討してみるのも手かもしれません。

トップへ戻る