実際に患者であるボクが分析!アトピーや肌荒れが起こる原因まとめ

アトピー性皮膚炎の治療

「どうしてアトピーになるんだろう・・・。」
アトピーになってしまった本人はいろいろ原因を考えるかと思います。

しかしアトピー性皮膚炎自体様々なきっかけで起こることが多い病気です。

食生活の乱れ、睡眠不足など様々な理由があります。

そのため、自分がアトピーになってしまった原因がなかなか分からない・・・なんてことも少なくないです。

ボク自身も小学生のころからアトピーにずっと悩まされ続けてきたのですが
その中でアトピーが悪化した時に何が原因だったのか
整体の先生や皮膚科の先生に相談したら判明したのでご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.プールの塩素

ボクは小学校低学年の夏、プール教室に通っていたのですが
その時に初めてアトピーを発症しました。

何だか、腕の関節と膝の関節あたりが痒くて赤く腫れたりしていました。

皮膚科の先生に相談したら「塩素が悪い」と言われました。
最初は疑問に思いましたが高校の時にまた体育でプールで泳いだ時もアトピーが悪化したので皮膚科の先生が言っていることは正しかった!

というわけでプールに入る予定のある方は十分に注意しましょう!

2.アレルギー

アレルギーと言っても食物アレルギーだけではなく、
ダニやハウスダストのアレルギーも指しています。

ボクは以前、アレルギーの検査を受けたことがあるのですが
ダニやハウスダストの数値がずば抜けて高かったです。

ボク自身、床がじゅうたんの家に住んでいることもあってダニが繁殖しやすい環境にいたからアトピーが悪化したと考えています。

その後。週に三回は部屋の机を雑巾で丁寧に拭いたり
掃除機をまめにかけるようにしたらそれだけでもアトピーはグッと良くなりました。

ここら辺は案外盲点ですのでちょっとでも自分の家最近掃除してないな・・と感じるようだったら念入りに掃除してみることをおススメします。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥7,400 (2018/11/21 01:47:02時点 Amazon調べ-詳細)

3.睡眠不足

現代人は忙しいのでついつい夜更かししがちです。
ボクもついつい一日の睡眠時間が5時間になってしまう時がありました。

しかしこれは最悪!
なぜなら人間の皮膚は睡眠している時にだけ、再生するものだからです。

もっと言うと、睡眠を減らすということはアトピーでボロボロになった皮膚を回復する唯一の機会を逃していることになります。

一日最低6時間、出来れば7時間は睡眠をキッチリとりましょう。
これだけでも全然違います。

ボクも一日7時間は寝るようにしたら
朝起きた時お肌の腫れががすっかり引いているなんてことが普通にありました。

4.人間関係のストレス

これは大人子ども関係なくありますね。
学校での同級生との人間関係や仕事上でのストレス、家族とのトラブルetc…

ボク自身も就職活動がうまくいかない時に家族や親せきから
罵倒されたことがありましたが本当に参りましたね。

あのときはアトピーで全身が腫れ上がって死にそうになりました。

しかしこういった人間関係のトラブルはだけはなかなか避けられないと思います。

会社や学校だってそう簡単に辞められるものではないですしね。

でも「人間関係のストレス」は完全に消すことは出来なくてもある程度減らすことが出来ます。

そのために出来ることとは何か?それは
「少しの間距離をとって休むこと」です。

これだけでも全然違います。
会社や学校を数日間お休みするんです。(もちろん休めるときに)

実家に住んでいて家族から
モラハラを受けて辛いというなら一度遠いところに逃げてゲストハウスでしばらく過ごすのも良いでしょう。

とにかく休んで普段とは違う人と会うんです。
それだけであなたのストレスは吹っ飛びます。

5.運動不足

運動不足だとお肌に悪い影響しか与えません。
汗をかきにくくなり、お肌が乾燥するからです。

三日に一回のペースで体育館でランニングするだけでも
汗でお肌が潤い、ツヤツヤになりますので運動はしっかりやりましょう。

ボクは半年ほど週に三回は体育館で運動していますが
アトピーがほとんど消え、肌がきれいになりました。

6.エアコンの効きすぎ

最近の会社ではエアコンが効きすぎ!なんてことが結構あるでしょう。

今や快適に仕事するにはエアコンは欠かせませんが
効き過ぎは皮膚が乾燥するしお肌に悪いです。

エアコンの最適温度は「少し汗をかくぐらい」が丁度いいそうです。

少し汗をかくぐらいだとお肌がエアコンの風で乾燥しないし、
だからといって暑すぎてあせもになってアトピーが悪化することもないからです。

エアコンの温度を変えられない時は?

しかし、会社ではなかなか「エアコンの温度を変えてください!」
なんて言いにくいかと思います。

そんなときは会社が終わった後に体育館で
運動して汗をかくだけでも十分です。

現代の日本ではなかなかアトピーに悪い要因が詰まっていますが
ちょっと日頃の生活を工夫するだけでそれらに対処することが出来ますので
頑張っていきましょう。

アトピー性皮膚炎の治療
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る