肌荒れ(アトピー)や目の充血、ぜんそくなどに悩んでるなら一度アレルギー検査に行ってみよう!

スポンサーリンク

f:id:yanai8713:20161226163548j:plain

はじめに

みなさん、こんにちは。やないです。

突然ですが実は今日、1週間ほど前に

受けていたアレルギー検査の結果を聞きに

病院に出向いておりました。

というのも実はボク

アトピー性皮膚炎をわずらっています。

f:id:yanai8713:20161225172556p:plain

アトピー性皮膚炎になる原因の一つとして

アレルギーが挙げられます。

皮膚が痒くなったり湿疹ができるのは

ひょっとしたらアレルギーが原因では?

そう思い今回アレルギー科で

アレルギー検査

行ってきました。

てかそもそもアレルギーってなんだっけ?

アレルギーは、体を守る「免疫」反応のエラー

私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入ってきたときに体内に「抗体」がつくられ、これら外敵をやっつけようとする「免疫」というしくみがそなわっています。ところが、この免疫のしくみが、食べ物や花粉など私たちの体に害を与えない物質に対しても「有害な物質だ!」と過剰に反応して、攻撃をし過ぎる結果、逆にマイナスの症状を引き起こしてしまうのが「アレルギー」です。本来は体を守るはずの反応が、自分自身を傷つけてしまうアレルギー反応に変わるのです。

アレルギーってなあに?|アレルギーとアナフィラキシー|アナフィラキシーってなあに.jpより引用

つまりアレルギーとは体の免疫機能が

外部の物質に対して過剰に機能した結果

皮膚の炎症や目の充血、ぜんそくなどを引き起こしてしまうことを指します。

アレルゲンとは

アレルギーの原因になりうる物質

(アレルゲン)は実は数多くあります。

 

 カモガヤ、ブタクサ、ヨモギといった草

f:id:yanai8713:20161225202504j:plain

カモガヤ

f:id:yanai8713:20161225202831j:plain

ブタクサ

f:id:yanai8713:20161225202859j:plain

ヨモギ

ハンノキ、シラカンバなどの樹木

f:id:yanai8713:20161225203549j:plain

ハンノキ

f:id:yanai8713:20161225203613j:plain

シラカンバ

スギやヒノキの花

f:id:yanai8713:20161225204059j:plain

スギ

f:id:yanai8713:20161225204120j:plain

ヒノキ

上記の草、樹木、花は

花粉症の原因ともなりえます。

食べ物

アレルギーの原因とされる食べ物ですが

数多くあります。

米や小麦などといった穀物類、

f:id:yanai8713:20161226160655j:plain

マグロやサバといった魚介類、

f:id:yanai8713:20161226160748j:plain

鶏肉、豚肉といった肉類、

f:id:yanai8713:20161226160819j:plain

リンゴ・キウイ・バナナといった果物類

f:id:yanai8713:20161226160854j:plain

他にも牛乳やソバなどがあります。

ダニ・ハウスダスト

f:id:yanai8713:20161225204731p:plain

ダニとハウスダストですが

これはもっぱら部屋の衛生状態が

関わってきます。

ほら、布団の中とかじゅうたんや畳の中に

いるんですよね~。

ちなみに僕の場合、今回のアレルギー検査で

ダニとハウスダストのアレルギー度が

ずば抜けて高かったです。

・・・部屋の掃除頑張ります(笑)

カンジダ・マセラチアなどの菌

カンジダ・マセラチアといった

人間の体内に存在する菌も

アレルギーの原因となりえます。

猫・犬

f:id:yanai8713:20161225210551j:plain

f:id:yanai8713:20161225210601j:plain

もちろん、犬や猫の肌が原因でくる

アレルギーもあります。

ゴキブリ・蛾

ゴキブリや蛾もアレルギーの原因となる場合があります。

(画像は気持ち悪いので載せません)

アレルギー検査とは

じゃあ今回、ボクが受けたアレルギー検査とはどういったものか。

一言でいうと

アレルギーの原因となる物質を探す検査です。

今回受けた検査はview39といって

アレルギー科などの病院で

受けることが出来る検査です

この検査はまず採血(血を取る)を行います。

そしてその血液からその人にとっての

アレルギー物質とは何かを調べます。

f:id:yanai8713:20161226161037p:plain

この検査の凄いところは

一回の採血で上記のアレルゲン全て

(草、樹木、花、食品、ダニ、ハウスダスト、菌類、犬・猫、虫)が

自分にとってアレルギーになるのか

まとめて調べることが出来るという点です。

これは便利!

検査結果は病院で採血をして

一週間程度で分かります。

また結果は

検査チャートという用紙で示されます。

  検査チャート↓

f:id:yanai8713:20161226163548j:plain

 アレルギー検査でわかったこと

このチャートからわかることがあります。

それは僕の場合、食品のアレルギーは

ほとんどないということです。

(比較的高いのはゴマのみ)

ただ、カモガヤやスギなどの植物、

ダニやハウスダスト、

またマラセチアなどの菌のアレルギー度が高い

ということが分かりました。

つまり食品の場合、

ゴマ以外はあまり気を使う必要はないが

ダニや菌、植物には気を付ける必要がある

ということが分かります。

 アレルギー検査を受けて良かった

このように実際にアレルギー検査を受けると

自分が気を付けるべき物が何なのかが

ハッキリわかります。

アレルギー検査を受ける前、

ボクはひょっとしたら

食物アレルギーではないのかと

勘違いしていました。

自分が好きな食べ物も

ひょっとしたらアレルギーの原因では・・?

不安に思う日々が続きました。

しかし検査を受けてみて

自分が気を付けなければならないのは

食品に対してではなく

植物やダニ、菌類であるという

ことが分かりました。

このようにアレルギー検査を受けると

自分がいったい

何のアレルギーを持っているのか

どうやってそれらに

対策しなければいけないのか

分かるようになります。

アレルギーはアトピーのみならず

喘息や目の充血など、さまざまな症状を

私たち人間にもたらします。

それらに対抗していくために

是非一度病院でアレルギー検査を

受けることをおすすめします。

PS.とりあえず、ダニやハウスダストから身を守るため、部屋の掃除頑張ります。。。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございました。 この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

フォローしていただけたらお得な情報をお届けします。

Facebookページへのいいねボタン
この記事をお届けした「やないやないか!」更新情報を、いいねしてチェックしよう!