芯が自動回転する魔法のシャープペン!クルトガまとめ

スポンサーリンク

 

はじめに

ごきげんよう。

どうも、やないです。

突然ですが

あなたは ノートやメモ帳などに

シャープペンで記入するとき

または学校や資格の筆記試験の時に

シャープペンで解答用紙に記入するとき

不便に感じることってありませんか?

f:id:yanai8713:20160811230400j:plain

「え、なにを?」

シャーペンでしばらく字を書いていると

紙に当たっている

シャーペンの芯の面が太くなり

次第に字が書きにくくなってしまうことです。

f:id:yanai8713:20160811230217j:plain

これを聞くと学生や社会人のアナタは

間違いなくうんうんとうなずくことでしょう。

「だからと言ってシャーペンを自力で回転させるのもなんか面倒くさい。」

それもわかります。

ですが・・・このクルトガなら大丈夫!

芯が自動回転!クルトガの魅力

 

実はこのシャープペンの内部には、

筆圧(字を書くときにペン先にかかる圧力)を利用して

ペン先を自動で回転させる機能があります。  

これによりクルトガの場合、

紙に何か記入している時に

字が自然に太くなってしまったり、

薄くなってしまうこともありません。

だって筆圧がかかったら

自動で芯が回転してくれるのですから!

すごい便利じゃない?これ。

ちなみに僕はクルトガが発売された2008年に

ソッコー買いました。

当時僕は高校生だったのですが

数学の計算を素早くやるのに

めちゃくちゃ重宝していました。

パパパッとすばやくたくさん

書いても字が太くならないから

計算の過程を見直すときなどに

すごい使いやすいんですよね~。

確かその時はこのスタンダードモデルしかなかったはず。

 

 

でもこれって正直持つところにゴム製の

グリップがついてないから

結構持ちにくかった記憶が・・。

あ、でも今はグリップがついているモデルが

あるのね・・これいいかも。

社会人向けの

上品なデザインのモノもあるのね・・。

 

クルトガの注意点

とまあここまでクルトガのことを

徹底的にほめまくっていましたが

実はこのクルトガ、弱点もあります。

何だと思いますか?

クルトガ「超エリートの俺に弱点など・・・!!!」

それは長い一本線を引くとき」や

「絵を描くとき」には

向いていないということです。

実はクルトガの中には

芯を回転させるジャイロ機構があります。

そこに筆圧がかかると自動的に芯を挟んでいる

ジャイロ機構が回転する仕組みに

なっています。

f:id:yanai8713:20160812105603j:plain

クルトガ スタンダードモデル | KURU TOGA | シャープ | シャープ | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社より引用

しかし実際に芯を回転させるには

以下の条件が必須になります。

  • ある程度の筆圧がかかっている必要がある。
  • 一度筆圧を緩める必要がある

つまり、デッサンなど

ほとんど筆圧がかからない

描画などの作業には

向いていません。

f:id:yanai8713:20160812122807j:plain

また筆圧が緩む間のない時(例えば定規で長い線を引くときなど)は

クルトガの芯を回転させるジャイロ機構が

機能しないので

こういった作業にも向いていません。

f:id:yanai8713:20160812123026j:plain

クルトガを使用するときは

こういった点に要注意です!

ただ、普通のシャープペンとしては

何不自由なく使えるので

あんまり神経質にならなくていいです。

 

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございました。 この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

フォローしていただけたらお得な情報をお届けします。

Facebookページへのいいねボタン
NO IMAGE
この記事をお届けした「やないやないか!」更新情報を、いいねしてチェックしよう!