非モテの男にはピリリと辛い!「僕は愛を証明しようと思う」 著 藤沢数希 感想

スポンサーリンク

 

はじめに

この小説には正直度肝を抜かれた。

タイトルからして

一見そこそこ真面目な小説なのかも

と思うかもしれない。

一応「証明」という単語もでてくるし。

きっと純愛を描いた小説なんだろうな・・・。

最初は少しだけそう思っていた。

しかしそんな僕の甘い考えは

脆くも打ち砕かれた。

話の内容は主人公である

非モテの青年「わたなべ君」が

「恋愛工学」なるものを学び、それを駆使して

女子大生だったり、はたまたモデルだったり

いろんな女性と関係を持ちまくるという

話である。

f:id:yanai8713:20160801185729p:plain

一言でこの小説を表現するなら

「科学的なナンパ本」だ。

本書の目的

あくまで目的は

「いかにして男が女をベッドに連れ込むか」

これである。

その前段階として

 

 「女に話しかける」

「連絡先を聞く」

「ランチorディナーに誘う」

「一線を超える」

 

この四点にもフォーカスが

当てられている。

ウブで

純朴な人間には

少々辛辣すぎる内容だ。

f:id:yanai8713:20160801185822p:plain

そうぼくみたいな・・いやなんでもないです。

でもこの本を見て

少し気持ちが軽くなった。

非モテコミットとフレンドシップ戦略

作中で主人公である「わたなべ君」に

「恋愛工学」を伝授する「永沢さん」という

のセリフが印象深い。

「お前みたいな欲求不満のその他大勢の男がやることといったら、非モテコミットとフレンドシップ戦略だけなんだよ」

ん?非モテコミット?フレンドシップ戦略?なんだそれ?

作中で永沢さんはこう説明する。

非モテコミットというのは、お前みたいな欲求不満の男が、ちょっとやさしくしてくれた女を簡単に好きになり、もうこの女しかいないと思い詰めて、その女のことばかり考え、その女に好かれようと必死にアプローチすることだ」

さらに永沢さんはこう主人公「わたなべ君」に指摘する。

「女はこういう男をキモいと思うか、上手く利用して搾取しようとするかのどっちかしかしないんだよ」

正直心が痛かったが

なるほどとうなずく自分がいた。

そういえば学生時代、

自分の友人とかに不器用で優しい男とか

よくいたけどそういうやつに限って

あんまりモテてないやつが多かったな。。。

f:id:yanai8713:20160801190331p:plain

※写真はイメージです

逆にチャラくて

女遊びしてそうなやつはドンドンモテてた。

f:id:yanai8713:20160801190212j:plain

さらに永沢さんはフレンドシップ戦略のことをこう説明する。

「まずはセッ〇スしたいなんてことはおくびにもださずに、親切にしたりして友達になろうとする。それで友達としての親密度をどんどん深めていって、最後に告白して彼女になってもらい、セッ〇スしようとする戦略のことだ」

え?それが王道じゃないの?

僕は一瞬、何がなんだか分からなかった。

しかし永沢さんは「女は男と出会うと、そいつが恋人にするかもしれない男か、ただの友だちにする男かをすぐに仕分けてしまう、友達フォルダだ。いったんこの友達フォルダに入れられると、そこからまた男フォルダに移動するのは至難の業だ」

と述べていた。

まとめ 女性は絶対に読んではイケナイ!

し、知らなかった。。。

そんなフォルダがあったなんて。。。

本書のことばから引用すると

ボクは非モテコミットと

フレンドシップ戦略こそが

女性にアプローチするための

王道の方法だと思っていた。

なるほど。

だからモテなかったんだな。

ではどう女性にアプローチすればいいのか?

そのことは本書に

理論的かつ分かりやすく書かれてある。

モテない男性の皆さんに強くおススメする。

ただ、、、

f:id:yanai8713:20160801190615j:plain

女性は絶対によんではイケナイ!

本書の中で女性から見たら

「女を馬鹿にしてるでしょ!」

と感じるかもしれない表現が

ところどころに見られるからである。

だから男性のみにおススメする。

繰り返し言う!

女性は絶対に読んではイケナイ!

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございました。 この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

フォローしていただけたらお得な情報をお届けします。

Facebookページへのいいねボタン
この記事をお届けした「やないやないか!」更新情報を、いいねしてチェックしよう!