北海道モデラーズエキジビジョン

スポンサーリンク

f:id:yanai8713:20160731135711j:plain

 

 

はじめに

今日はサッポロファクトリー

7月30.31日開催された

北海道モデラーズエキジビジョンへ

行ってまいりました。
f:id:yanai8713:20160731161133j:image
このイベントは

大学の友人も参加していたこともあり

ボクも今回ブログの

ネタにでもなればと思い行くことに。

正直めちゃくちゃレベル高かったです。

川崎のZX-12R

f:id:yanai8713:20160731134236j:image
漢はKawasaki!(それだけかい!)

戦艦大和

f:id:yanai8713:20160731134807j:image

 戦艦大和のプラモデルは
ボクも小学生のころ作ったことがありますが
小さい機銃を一つ一つ組み立てて
ヤマト本体に接着剤で接着していくのが
本当に煩わしかった記憶があります。
艦橋部分もパーツが煩雑で
作るのが大変でした。
おっとヤマトじゃなかった・・・。
大和だ。
ただいま大和は
2199年の発進に向けて
お休み中です。
 

MSVザク軍団

f:id:yanai8713:20160731135528j:plain

 こちらはガンダムのMSV(モビルスーツバリエーション)

のザクたち。

ばっちり塗装もしてるし綺麗だし

凄すぎやしませんか。。。

MSVって何かって?

・・・ググりましょう(放り投げ)

1/72 メカニックモデル MS-06S シャア専用ザク

 

f:id:yanai8713:20160731203547j:plain

 

 こちらはシャア専用ザク

メカニックモデルです。
一言でいえば人体模型的なやつです。

こちらを見ればザクの内部が

よくわかるようになっています。

じつはこれ・・・

1981年に発売された古いモデルなのです!

f:id:yanai8713:20160731203727j:plain

 ↑こちらの画像は改造せず、

塗装のみを行ったモデルです。

流石に30年前のモデルなので

おもちゃっぽさは否めません…が

 モデラーズエキジビジョンに

展示されていたものは全然違う。

f:id:yanai8713:20160731134618j:plain

 

 す、すげえ・・・。

三十年以上も前のプラモデルを

ここまでカッコよく改造できるとは・・・。

モノアイちゃんと発光ダイオード使っていたし

足や内部のコードも

金属製のものにとっかえてある。

昔のプロポーションがいまいちな

プラモデルほど

モデラーの力が

はっきり出るということか・・・。

今のガンプラは色塗らなくても

改造しなくても

綺麗に作れちゃうからね。

僕は中学生以来、

プラモデルは殆ど

作らなくなってしまったのですが

なんかこれを見ると意欲がまた沸いてきた。

まあ、プラモデル買っても

結局作らずに

押し入れに積んだままになるのが

オチなので作らないが。

いや、でも欲しい(優柔不断)

 ストライクフリーダムガンダム

f:id:yanai8713:20160731134642j:plain

 MGストフリです。
これはプラモデル本体および
制作したモデラーさんも
あまりに完璧なので
言うことは特にありません。

 

 

MG陸線型ガンダム

f:id:yanai8713:20160731134955j:image
 
これも地味にすげえ!
関節部とかに
金属のディテールが
仕込まれている。
デカール(シールみたいなもの)も絶妙な
ところに貼ってあるし
非常に芸が細かい逸品。
実はボク、
大の08小隊好きなんですよ・・・。
 
なんかアムロとかカミーユとかみたいに
天才パイロットでなく
普通の一般兵が活躍する話のほうが
リアリティがあって好きなんすよー!
 ビームじゃなく実弾を
主に使用するところとか。
もうたまらないっす!
 

まとめ

あれ・・・なんだかブログの量が
あっという間に膨れ上がったぞ・・・。
今までこんなことなかったのにな・・。
やっぱ好きなことを書いていると
字数はあっというまに貯まるね!
モデラーズエキジビジョンの画像は
他にもあるので
続きは次回!ではまた
 
 
 
 
スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございました。 この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

フォローしていただけたらお得な情報をお届けします。

Facebookページへのいいねボタン
NO IMAGE
この記事をお届けした「やないやないか!」更新情報を、いいねしてチェックしよう!