仲介手数料なしで不動産(アパート・戸建て等)を購入する方法

不動産経営

不動産業界の関係者のみならず、一般の方でももしかしたらマイホームが欲しい!なんて考えている方もいるでしょう。今回はそういった方のために「仲介手数料をかけずに不動産を購入する方法」をお伝えしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産会社を通じて家を購入するときは仲介手数料がかかる

基本的にアパートや戸建てを不動産会社を介して購入するときって建物そのもの以外に仲介手数料というものがかかります。

どれくらいかかるのかというと例えばあなたが不動産会社を介して1000万円の物件を購入したとしましょう。その場合は36万円かかります。結構かかりますよね。

大きなお金に見合うだけの仕事を不動産会社はやってる

仲介手数料ってだけ聞くと不動産会社は大したことやってないんじゃないかと考えている人もいます。しかしそれは大きな誤解です。

不動産会社は物件の調査から案内、引き渡しまでの段取り、重要事項の説明や契約を一心に背負ってくれるのでこの値段は妥当です。

買い主にとって仲介手数料は大きな金額

しかし物件の買い主にとっては仲介手数料は大きな金額です。なにせ自分の月給以上のお金がかかるのですから。

そこで今回は仲介手数料を払わなくても良いケースをご紹介します。

個人から物件を買うケース

売主が個人の場合、個人と個人同士の取引になるので「物件の調査→契約→ローンの申し込み」まで購入者であるあなたがやることになります。

これが結構大変で特に物件の売買契約になるとどうしても「宅地建物取引主任者の資格」の持ち主が必要になりますので費用は別にかかりますが売買契約を代行してくれる不動産業者や代行業者を活用するようにしましょう。

売主が不動産会社であるケース

売主がそもそも不動産会社である場合も仲介手数料は必要ありません。

よくあるケースは中古のボロい家を安く買ってリフォームして転売しているものがあります。この場合、どうしても不動産会社の利益が乗っかている場合が多いので割高感が否めません。注意が必要です。

お得なケースもある

その一方でお得なケースもあります。不動産業者の決算の手前になると決算に向けて在庫を減らしたいと考えることが多く、物件が投げ売り状態になります。

また物件は何か月も売りに出されていると「売れ残り」のレッテルを貼られてしまい売れにくくなってしまうことがあります。

そのため、不動産業者は持っている物件の回転を速める必要があるわけです。我々はそこを狙っていくんです!

まとめ:一番お得なのは売主が不動産業者で早く売ろうとしている物件

つまり、仲介手数料がかからない物件で一番お得なのは「売主が不動産業者で早く売ろうとしている物件」なのです!売れ残り物件ぽくてかつ損切りしてそうな物件、そんな感じのお家を狙っていきましょう。

不動産経営
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る