アトピー持ちの人は肌荒れの恐れがあるのでお酒は控えよう!

アトピー性皮膚炎の治療

やっちまった・・・。
この前家でシャンパンを飲んだ。アトピーだがちょっとぐらい飲んでも平気だろ。
考えが甘すぎた。
飲んだ次の日、手首にはブツブツした感じの湿疹が出来てしまった。

あと、首あたりも赤く腫れあがってしまった。とほほ…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

酒を飲むとアトピーが悪化する理由

では、なぜ飲酒するとアトピーが悪化するのか。それは全てアルコールが関係しています。
まず飲酒すると血液を通して全身にアルコールがいきわたります。
アルコールがいきわたると今度は体がアルコールの濃度を薄めようと
大量の水分を消費します。これにより肌が急激に乾燥します。
肌が乾燥すると皮膚のバリアー機能が低下し肌荒れしやすくなります。
このためアトピーが悪化するというわけです。

アトピーの人はお酒を控えるか水を多めに取ろう


このような事態を避けるためにはなるべくお酒を飲まないようにするか
飲酒した時にできるだけ多めの水分を摂ることが望ましいです。
アルコールって想像以上に体から水分を奪うものだと思い知りました。

肝臓の機能低下や遺伝でアルコールに弱い場合も

また、飲酒することにより肝臓の機能が低下し肌のバリアー機能が低下し
肌荒れがおきることがあります。
どうしてもお酒が飲みたい場合は
肝臓に良い食べ物と言われる納豆や豆腐、枝豆をしっかり摂取しましょう。
何故これらの食べ物が肝臓に良いといわれているのかというと
これらの豆類には肉類とは違い良質なタンパク質が含まれています。
良質なタンパク質は肝臓の働きを良くしてくれるからです。

トップへ戻る