カメラ用の三脚(VanguardのEspod CX 203AP)を買ったのでレビュー!

スポンサーリンク

はじめに

そういえば私、三脚を買いました。

何故?三脚を買うほど友人多くないでしょ? フッフッフ…

自撮りを敢行するためです。

勝ち抜くには自撮りしかない!

最近、インターネットで自力で稼ぐ人が

増えつつあります。

YouTuberはもちろん、ブロガー、アフィリエイターといった人たちがこれに当てはまります。 彼らの手によって、ネット上では数々のエンタメ系やお役立ち情報系といったコンテンツで溢れています。

しかしそういったコンテンツは最近、

増えすぎて陳腐化してきました。

ちちんぷいぷいじゃないよ。陳腐だよ!

そういった中で今後差別化を図るためには

やはり自分自身のキャラを立てるしかない! そう感じたのです。

VanguardのEspod CX 203AP

買ったのはこちら!

VanguardのEspod CX 203APというものです。

こちらの三脚なんと5,000円以下の値段で

 買うことが出来ます。お安い!

え?そんなに安くて大丈夫なのかい?

では実際にこのVanguardのEspod CX 203Aを展開してみましょう。

展開前はこの程度の大きさですが・・・

f:id:yanai8713:20170527202811j:plain

展開していくと・・・

f:id:yanai8713:20170527202952j:plain

これくらいの大きさになります!

f:id:yanai8713:20170527203054j:plain

これでも十分大きいですよね!

でもこのVanguardのEspod CX 203APは

中央部分に棒があります。

これも伸びて・・・

f:id:yanai8713:20170527203315j:plain

最長でこれくらいの高さまで

伸ばすことが出来ます。

これくらいあれば自撮りや

ある程度の高さがあるものでも

簡単に固定して撮影することが出来ますね。

三脚の安定性

5,000円以下の値段だし写真見た感じ結構細い印象を受けるかもしれません。

しかしご安心を!少々重たいですが

安心して三脚を立たせることが出来ます。

ケースに入れたら気軽に持ち運べる!

安定感抜群の 

VanguardのEspod CX 203APですが

少々重たいです。(1.1㎏

ですのでちょっと持ち運びが

面倒かもしれません。

そこで僕はこちらのケースに入れて

持ち運びしています。

 SLIKという違うメーカーの三脚ケースですが

このケースに入れると結構持ち運びやすいのでおすすめです!

まとめ

なにわともあれ、

自撮り向きのカメラやら三脚やら

爆買いしました。

しかし正直まだまだ完璧には

使いこなせてはいないので

これからカメラと三脚を使って

よりブログを面白くしていきます。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございました。 この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

フォローしていただけたらお得な情報をお届けします。

Facebookページへのいいねボタン
この記事をお届けした「やないやないか!」更新情報を、いいねしてチェックしよう!