デスクトップパソコンのキーボードをパンタグラフに変更してみた

ガジェット

どうもやないです。
実はつい最近の話、使用しているデスクトップパソコンの
キーボードをメンブレンからパンタグラフのものに変更しました。

メンブレンとは?
もっとも一般的なキーボードで、パソコンに付属のキーボードはほとんどこのタイプ。キーとスイッチの間にラバーなどの薄い膜がはさまれており、キーを押すことでスイッチと接触し、膜が元に戻ることによりキーが戻るという仕組み。耐久性は他のタイプに比べると劣るが、安価な製品が多い。
出典:タイプで選ぶキーボード特集 価格.com
パンタグラフとは?
主にノートパソコンで採用されているキーの高さが低いタイプ。電車のパンタグラフのような構造をしており、キーのどこを押しても同じ圧力が伝わる。他のタイプに比べキーの沈み方が浅いので、スピーディーなタイピングが可能となる。
出典:タイプで選ぶキーボード特集 価格.com

一言で言うと今回パソコンのキーボードをメンブレンからパンタグラフに替えたのは、
より速いスピードでタイピングできるようになりたかったからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

買ったのはElecomのパンタグラフ

ちなみに今回買ったパンタグラフのキーボードはこちら!

エレコム製のパンタグラフです。さて、それでは早速開封してみましょう。


何だかスタイリッシュな感じですね~(^^♪

WindowsとMacの両方に対応

実はこのパンタグラフ、WindowsとMacの両方に対応しているんです。

このキーボード限定のショートカットキーを押すと
WindowsかMacで切り替えることが出来ます。

正直・・・慣れない

さて、それでは実際に使ってみましょう。
というか今まさにこの記事を書いてるときに使っています。

正直なところ・・・ちょっと使いにくいです。
もちろん、前の安いメンブレンのキーボードと比べたら
圧倒的にタイピングは早くなりました。

キーボードがメンブレンと比較して浅いので
凄く打ちやすいんですよね。

キーボードが全体的に小さい

ただ、キーボードが小さいので少々打ちにくいんです。
時々打ち間違いしてしまいます。
ま、じきに慣れるでしょう。

ガジェット未分類
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る