人生で成功するために大事なのはいかに「相手に勘違いさせるか」だ!

就職・転職

最近、本屋で面白い本を見つけました。

「人生は、運よりも実力よりも『勘違いさせる力』で決まっている」は
人気ブロガーのふろむだ氏が書いた本です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

成功するためには実力だけではなくハッタリも大事

この本は一言でいうなら
「人生で成功したいなら実力だけでなく相手にハッタリをかますことも大事だ」
ということを教えてくれる本です。

面接で能力が同じくらいだと見た目が良い人を選ぶ

例えばの話、あなたがとある企業の面接官だったとしましょう。
今日は面接の日。あなたは二人の女性の面接をすることになった。

ちなみに名前はAさんとBさん。Aさんは広瀬すずに似ていて、
Bさんはオカリナに似ている。
採用人数は一人。どちらか一人は落ちる。

しかし困ったぞ。正直な話、二人とも同じくらい高学歴だし、
二人とも面接の受け答えバッチリ。

はて、どちらを採用しようか・・・?
あなたならどうしますか?

「俺は外見で人を判断しない!」なんて人も無意識に見た目で判断してしまう

そう言われると困ると思いますが
あなたは100%広瀬すずに似ているAさんを採用することでしょう。
これは間違いない。

「いや、おれは私は外見で人を判断しないんだ!」

そう言いたくなるかもしれません。
しかし人間は無意識のうちに容姿の綺麗なほうを採ってしまうんです。

「無意識のうちに」ここ大事なところです。
具体的には自分では「容姿で採用していない!」
と思っていても容姿が良い人を仕事が出来そうだと無意識に感じて
採用してしまうんです。

しかもこれ、ちゃんと科学的な実験で証明されているんですって。

ま、まじか・・・。どうやらボクが前書いた
「容姿に恵まれない人は就活で不利!」という話は
どうやら正しかったようだ(迫真)

錯覚資産=他人が自分に持っている自分に都合の良い錯覚

この現象は思考の錯覚というものが人間の脳に起きるから発生します。
特にふろむださんの本では

「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚=錯覚資産」

と呼んでいます。

錯覚資産は人生のここぞという時に使える

錯覚資産はいろんなところで使えます。もちろん、就活でも使用できますし
仕事面でもあたかも自分が優秀であるかのようにふるまうことで
上司に気に入られ、出世に活かすことだってできます。

また、自分で商売をするときも大いに役立ちます。
例えばあなたが八百屋を営んでるとしましょう。
どうやって売り込みますが?

普通に売るだけだったらショッピングモールに客をとられてしまいますよ!

ではどうするか?
もしボクなら「楽天売り上げ1位のじゃがいも」
みたいなフレーズを描いたPOPを店内に貼って売りますね。

何故ならこのPOPのおかげでお客さんは勝手に
「このじゃがいもは楽天で一番売れているじゃがいも=メチャクチャ美味しい」
と勘違いして勝手に購入してくれるからです。

まさに八百屋にとってこの嬉しい勘違いこそが
「錯覚資産」なのです。

あなたも実力だけで成功しようと意地にならず、
違う方向で頑張ってみてはいかかでしょうか。

トップへ戻る