急に脱ステロイドしたらアトピーが良くなるのは嘘。もっと気長に治しましょう。

アトピー性皮膚炎の治療

最近巷でアトピーを治すためには
皮膚科で処方される「ステロイドの薬」を断てば良いなんて話が出ています。

残念ながらこれは嘘です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

確かに長期間ステロイド抜いていたら症状が良くなるらしいが・・・

近頃では皮膚科の医者の方が
「アトピーを治すためには今すぐステロイドを断つべきだ!」
と出張する本がやたら出ています。

確かにステロイド剤はアトピーの症状を抑える効果がある反面、
長期間にわたって使用するのは危険です。
副作用の影響で逆にアトピーを悪化させてしまいます。

だからと言ってステロイドを塗るのを急に辞めるのも危険です。
何故なら急に辞めると肌のバリア機能がステロイドにより下がっているため
乾燥してゴワゴワになり、死ぬほど痒くなるからです。

ボクも以前脱ステを試みたが無事失敗

ボクも一時期脱ステロイドを試みたことがありましたが、無事失敗しました。
肌はゴワゴワにあるわ全身死ぬほど痒くなるわで結局挫折しました。

ホントにツラいので急な脱ステはおススメしません。

生活のリズム・環境を整えつつ、徐々にステロイド剤の量を減らしていく方法がベスト

じゃあどうすればいいんだよって話になりますよね。
それはいきなり急にステロイドを肌に塗るのを辞めるのではなく
生活のリズムや環境を整えながら徐々にステロイドの量を減らしていくのです。

睡眠時間は多めに

まず大事なのは睡眠時間を多めにとるのです。
何故かというと人間の皮膚が再生されるのは
あなたが寝ている時だけだからです。

最低でも一日6時間以上は寝ましょう。

食事は腹八分・バランスよく食べる

後大事なのは食事です。
特に現代人にありがちなのは食べ過ぎてしまうこと。

ボクもあるあるなのですが
ついついお腹いっぱいになるまで食べてしまうんですよね。
ですがこれも良くないです。

何故なら
腹がいっぱいになる→胃腸に負担がかかるからです。
胃腸への負担は皮膚のバリア機能の低下につながります。

食事は腹八分目にとどめておきましょう。

あと、食事はごはん、お肉、野菜バランスよくとりましょう。

三日に1回は運動して汗を流そう

次に大事なのは運動して汗を流すことです。
これは間違いない。

運動することにより汗をかく→肌が潤う→乾燥による肌荒れがなくなる

からです。

三日に1回は必ず近くの体育館のランニングマシンを使って走りましょう。

ボクも家の近くの体育館で三日に1回3キロだけ走っています。

ステロイドは保湿剤と混ぜたものを使っていく

そして肝心のステロイドですが肌に塗り始めのころは大目に塗っておいて
段々使っていくうちにステロイドと保湿剤を混ぜたものを使っていきます。

一言でいうならステロイドの量を減らしていって
保湿剤だけで済むようにしていくんです。

もちろん、それと同時に上記に述べた食べ物や生活習慣に気を付けたり
ランニングもしっかり行うんです。

それにより、アトピーはみるみる良くなっていきます(経験談)

アトピー性皮膚炎の治療
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る