SUUMOのCMを見て実家に寄生しているボクは息の根を止められた

最後まで読んで頂きありがとうございました。 この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

そういえばこの前の話。
「スターウォーズエピソード8」の映画を見に映画館に行ったんですが
ほら、映画館で映画が放映される前に
数分程度CMがスクリーンに流れるじゃないですか。

あれでちょっと映画を見る前から精神的にやられるCNがありましてね。
このSUUMOのCMです。

CMの概要

どういうCMなのかというと
4年間一人暮らししていた女子学生が学校を卒業して
また別の場所に引っ越すことになるのですが
引っ越し前夜に4年間の思い出を振り返るといった内容です。

女子学生が人として立派すぎる

4年間の振り返りの中で女子学生は幼稚園の先生を目指して勉強を頑張ったり
一人暮らしを頑張ったりするのですがその姿が見ていてとにかく立派。
その中でたくましく成長していく姿が1分のCMの中に綺麗に収まっています。

学生時代、ダラダラしていた自分は息の根を止められた。

ボクは学生時代、あんな立派な日々を送ることが出来ませんでした。
実家でダラダラ暮らしていましたし
学校でもたいした夢も目標もなくダラダラ過ごしていましたし。

なんといえば良いんでしょうかねぇ・・・。
このCMを見ていると自分の存在をすべて否定された気分になるんですよ。

理想の自分になりたかった。でもなれなかった

僕自身の中には「夢に向かって頑張っていて、なおかつ自立して、一人暮らししている自分」という
自分自身の理想の姿があったんですけど現実は非常でした。そんな人間にはなれませんでした。
いまだに実家にゴキブリみたく寄生してますし笑

魔ブロガー「ハルオサン」も理想の自分と現実の自分とのギャップに悩み苦しんだ

そういえば警察官を半年で首になったブロガー「ハルオサン」も自分の著書の中で自分の理想の姿である「警察官であった自分」と現実の自分とで苦しんでいたと言っていました。
しかしハルオサンは自身のブログを読んでくれた少年の一言で過去の自分と決別します。
「ボクは立派な警察官になります!」少年はそう言っていたとのこと。

ボクにもそんな日が来るのかな・・・。

自分の人生を切り開くしかない

でももう戻れない。
覆水は盆にかえらない。
もうやるしかない。
自分自身で自分の人生を切り開くしかない。
ガンガン行く。

トップへ戻る