20代の若者が就職・転職の相談を親にすべきでない理由

就職・転職

あなたは人生の中で就職・転職活動ってやったことがありますか?
就職・転職のタイミングって人によりまちまちですよね。
一般的には高校・大学・専門学校を卒業するタイミングで
就職する人が多いですよね。

また若い方で転職となると近年では新卒で会社に入って
3年間働いた後自分のキャリアを生かして
転職活動をやるとか、そんな感じの人が多いのではないでしょうか。

そんな時どうしても自分の親が自分の就職活動に
あれこれ意見してくるときってありません?
あれって相当ストレスたまりますよね。

「資格は何でもいいから取ったほうがいい」とか
「大企業や銀行は一生安泰だ」とか。


転職の場合だと「安定ているのにもったいない!」だとか
散々言われることもあると思います。

ボクも就活時、親から「なんか資格を取れ」と言われて大して役にも立たない
Word・Excelの資格を無理くり取らされましたし(笑)
そりゃあ親だから子どもの将来を将来を心配してるのはわかります。
しかし、親のアドバイスって全く役に立たないんだこれが!

念のために言っておきますけど
親世代の人を馬鹿にしているわけではありませんよ。

ただ、僕は若い人は「就職・転職」について親世代の大人には
相談すべきでないと考えています。今回はその理由と
「就職・転職」についてどこに相談すべきかをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも親世代のアドバイスが絶望的に薄っぺらい

何といってもこれですね!親世代のアドバイスが絶望的に薄っぺらい。
まずボクが受けたアドバイスを3つご紹介します。

1.「何でもいいから資格を取れ!そうすれば内定が取れる」

「資格取得=内定が取れる」そう思っている大人が僕の身近にいました。
そりゃあ確かに医師免許とか弁護士の資格とかは別ですよ。

でも今は違いますよね。面接のネタにはなるかもしれませんが
「資格取得=内定が取れる」わけではありませんよね。
ちゃんと自分がどんな人間か語れるような経験談がないと内定ってなかなか取れませんよね?
そこ、ちゃんと身近な大人には考えてほしかったです。

2.「大企業や銀行なら一生安泰だ」

これも違います。東芝やパナソニックだってかつては
栄華を誇る大企業だったのに今では大変なことになってますもんね。
銀行だってフィンテックや仮想通貨の登場で絶対に安泰だとは言えなくなってますよね?
あくまでこれは「バブル世代」のお話なのです。

3.人と上手く話せないやつはどこに行ってもやっていけない

僕の身近にいる大人から受けたアドバイスです。
確かに人と上手く話せない、コミュニケーションを上手く取れないと
職場で詰む、なんてことは多々あります。

ボクは以前、新聞営業の仕事をしていたことがあるのですが
もともと人と話すのが苦手だったのでなかなか契約が取れなかったり
上司との人間関係も上手くいかず苦労した経験があります。

ただ、それは自分がたまたま営業や販売といった
「対人の仕事」に向いてなかっただけの話。
「人と上手く話せない人」でも自分に合った仕事は絶対にあります。

例えば人と話すのが苦手でもコツコツ作業するのが得意だったら・・・?
事務の仕事や工場でピッキングの仕事をやるのも一つの手です。
そりゃあ全く人と話さないわけにはいきませんが
上手くやっていける可能性は大いにあります。

ボクも営業や販売の仕事は全くできませんでしたが
パソコンを使って黙々と作業する仕事についてからは
職場で浮くこともなく続けられています。

また、今の時代、インターネットが発達しているので
Bizseekクラウドワークスといったクラウドソーシングサービスでライターやプログラミングといった一人でコツコツやれる仕事を探しても良いのです。

「人と上手く話せない性格」を無理くり変えるのは精神的に大きな負担がかかります。
しかし、自分に合った環境を探すのはそんなに難しいことではないのです。

アドバイスが薄っぺらくなってしまうのは仕方がない

僕らの親世代は俗に言うバブル世代。
言うなれば就職なんて履歴書書いて出せば受かる時代でした。

一方、僕らのような若い世代は就職活動と聞くとどのようなイメージを浮かべますか?
キチっとしたスーツを着て履歴書死ぬほど書いて何回も面接受けてやっと内定を勝ち取る!
そんなイメージですよね。

ですが僕らの親世代は若い世代と違い就職活動でそこまで苦労していないので
子どもへのアドバイスが薄っぺらくなるのは仕方がないことなのです。

自分の親がうるさいと感じるときは心の中でそっとつぶやきましょう。
「心配してくれてありがとう。でも、もう時代は変わったんだ。」
そしてスルーしちゃいましょう。

就職・転職の悩みはどこに相談したらいい?

それでは就職・転職の悩みはどこに相談したらいいのでしょうか。
現在の日本では就職・転職の悩みを相談できるおすすめのサービスが存在します。
これから就活を控える学生の方、転職を考えている社会人向きのサービスをそれぞれ紹介しますので是非参考にしてみてください。

就活を控える学生向きの相談サービス「ハローナビ就活」

まずはこちら!「ハローナビ就活

ハローナビ就活」とは新卒向けの就活サービスなのですがこのサービスでは就活について熟知しているキャリアアドバイザーが
ライン・スカイプで親身に相談にのってくれます。

またキャリアアドバイザーは就活の相談のほかに
大手ナビサイト掲載企業から求人情報を公開していない優良企業まで、
さまざまな企業との特別選考の設定してくれますのでぜひ就活について相談してみてください。

公式サイトハローナビ就活

転職を考える若者向きのサービスは後日追加します。

トップへ戻る