インベスターZが面白すぎる!常識はお国や企業が国民からお金をむさぼり取るために作られる

スポンサーリンク

はじめに

ども!やないです。

いやはや・・・最近ですね

非常におもろい漫画を見つけましてね。

みなさんは「インベスターZ」って

ご存知ですか?

 

「ドラゴン桜」と同じ作者が

描いているマンガなんですが

これが結構面白いんです。

あらすじ

それではまずあらすじを。

北海道札幌市にある道塾学園は、全国屈指の学業成績を誇る私立の男子中高一貫校

ー中略ー

入学試験満点の成績で道塾に入学した財前孝史は、始業初日の放課後に野球部の活動に加わろうとしていたところ、ちょうど野球部まで案内するという先輩に出会う。しかし、行先は校内図書館奥の扉からさらに先にある地下室であった。そこでマージャンをして遊んでいた数人の生徒は、自分たちは学校の運営資金を稼ぎ出す「投資部」であると名乗る。

財前は、得体の知れない投資部という存在に疑念を抱きながらも、マージャンで遊べるのならということで活動に参加することにする。

出典:インベスターZ – Wikipedia

ざっくばらんに言うと

主人公である財前が学校の「投資部」で

株取引や不動産投資などを学んでいく・・

というお話です。

日本人の投資の歴史から「常識」がつくられていく

何が面白いって何故日本人の間に

「家を建てて一人前」「一国一城の主」

といった常識があるのかが

分かるということです。

f:id:yanai8713:20170623091319p:plain

ほら、日本人って何千万も借金して

一軒家を買うじゃないですか。

「家を建てて一人前」「一国一城の主」

そういった常識は蔓延していますよね。

しかし実はそういった常識は

国や企業が国民から

国民からお金をむさぼり取るために

戦後広めた風潮なんですよって話です。

f:id:yanai8713:20170623092017p:plain

まとめ

「インベスターZ」の作者自体

結構辛口な漫画を描かれるんですが

日本の投資の本質、お金の常識が

いかにして作られたかを学ぶことが出来ます。ですので今後日本で

「企業や国にぼったくられて損したくない!」なんて方は是非一度読んでみることをおススメします。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございました。 この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

フォローしていただけたらお得な情報をお届けします。

Facebookページへのいいねボタン
この記事をお届けした「やないやないか!」更新情報を、いいねしてチェックしよう!