何故か安い価格の土地・家があったら要注意!地盤が緩いところかも

不動産経営

時々ネットで出されている賃貸アパートのお部屋や一軒家を拝見することがあるのですがごく稀に非常に安いお家を目にすることがあります。

しかしそういう物件ってだいたいワケあり物件です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かつてその部屋で不幸が・・・

例えばの話、周りのアパートのお部屋は大体家賃7万くらいで部屋の大きさはだいたい同じ!なのにとある部屋だけ家賃月三万くらいだと不安になりません?

「なんか後ろめたいことあるんじゃないか・・・。」

あるんです。例えば前、その部屋に住んでいた人に不幸があったとかね…。

そんなことが起こるとどうしても家賃を下げざるを得ないんです。

「ワケあり=不幸があった」とは限らない

しかしここで注意すべき点があります。それは
「ワケあり物件=住んでいた人に不幸があった」とは限らないということです。

え?どういうこと?

地震で北海道の一部地域だけ土地が液状化現象を起こす

この前、僕が住んでいる北海道で地震があったのですが北海道のとある地価が安い地域だけ土地が液状化現象を起こしたんです。

これは流石に酷すぎやしませんか。

ちなみに清田区はグチャグチャになってますが札幌の中心部は土地がおかしくなるといったことはありませんでした。

地盤の強さ=土地の値段に影響する

実はこれ、土地の地盤の強さが関係してるんです。

今回液状化現象が起きた清田区は田んぼを土やコンクリートで埋めた埋め立て地が多いため、地盤が弱いんです。そのため液状化現象が起きやすく、そういったデメリットもあるため土地の値段も安くなるんです。

一方、札幌中心部は元々地盤が極めて硬いため液状化現象を起こしたり、地割れを起こすことが少ないんです。もちろん、街中だからという理由もありますがそういった地盤的な理由もあるから土地の値段が高いんです。

自分が住んでる場所の地盤の強さを調べてみよう

この話を聞くと私が住んでいる地域の地盤は大丈夫だろうか・・・そう不安に感じるかもしれません。

もし不安だったら思いきって自分の家が立っている土地が昔どんな場所だったのか調べるのもアリです。

古地図で探してみる

一番手っ取り早いのはネットの国土地理院の地図・空中写真閲覧サービスで確認してみる方法です。このサービスさえあれば無料で見たい土地の昔の空中写真や地図も見ることが出来るので大変便利です。

思いきって古地図を買うのも手

ですがこのサービス、ちょっと複雑で使いにくいんですよね・・・慣れるまではちょっと面倒かもしれません。
そこで思いきって紙の古地図を購入するのもアリです。

ちなみに不動産投資家やアパート大家の中には古地図を重宝する方が一定数います。
何故ならアパートや土地を買う時に「ここは買っても大丈夫か」を判断するのに貴重な材料となるからです。

とにかく自分の家がある場所はもともとどんな場所だったのか、
調べておいて損はないでしょう。

不動産経営
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る