小学生のころ、「ガンバの冒険」に勇気づけられた話

漫画・アニメ

ガンバ♪ガンバ♪ガンバと仲間たち♪

どうもやないです。今回はですね、ボクが小学校の時好きだったアニメをご紹介します。
その名も「ガンバの冒険」

「ガンバの冒険」は1975年に放送されたアニメです。もう40年以上前のアニメなんです。
あれ?じゃあ何で26歳のヤナイが知ってるの?って話になるかと思います。

実はボクが小学生の時、朝に再放送がやっていたからです。
朝学校に行く前に見ていましたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

話の概要

話の概要は以下になります。

港で開かれているネズミたちのパーティ。そこに傷だらけの小ネズミ、忠太が転がり込んでくる。残忍な暴力と恐怖で故郷の島を支配している、巨大な白イタチのノロイを倒す力を貸して欲しいと言う忠太に、ネズミたちは冷たい。しかし、ガンバを始めとする勇敢な7匹の仲間が集まり、冒険の海へと船出する。

出典:Wikipedia

ざっくばらんに言うと街から港に引越ししてきた野ネズミのガンバが、「イタチのノロイに襲われて助けを求めてきた忠太」に頼まれてガンバ含む七人で忠太の仲間がいる島に助けに向かうというお話です。

ネズミの目から見た大冒険

このアニメの何が凄いって言ったら普段我々人間がよく見る何気ない景色でもネズミから見たら壮大なものに感じられるという点です。

空き缶の中に入って川を下ったり、ゴミ箱をあさって食事を探したりそれだけでもネズミの視点から見たらドキドキするというかいかにも冒険してるような気分になることが出来ます。

ネズミの天敵たちがメチャクチャ怖い

あと何が面白いかってアニメの中でネズミの天敵たち(イタチやキツネ)が出てくるのですがそいつらがホントに怖いんですよ。

「ガンバの冒険」に出てくるキツネ↓

出典:【微ネタバレ】ガンバの冒険を子供とみているのだが、予想以上に怖い

これキツネ何ですよ!「嘘でしょ!?」って思うでしょ。うん。いくら何でも怖すぎですね。
でもネズミから見たらきっとこう見えるんじゃないか?そう考えて制作されたようにも見受けられますね。

イタチのノロイがメチャクチャ怖い

後もっと言うと本作のラスボスである「イタチのノロイ」がメチャクチャ怖い!

出典:3Dアニメができるまで

見た目からして如何にも危険そうな感じがしませんか。
このノロイが作品終盤、ありとあらゆる手を使ってガンバ達をじわじわと追い詰めるのですがもう怖くて怖くてたまりませんでしたね。

ガンバが絶望的な弱肉強食の世界で戦う姿に惚れた

主役のガンバ達はネズミですのでどうしてもこの弱肉強食の世界ではなかなか厳しい状況に追い込まれるんですよ。ただ、その中でも決してあきらめず立ち向かっていく姿に当時小6だった僕は心惹かれてましたね。

原作の小説も読んでた

実は「ガンバの冒険」って実は小説もあるんです。

小学校の図書館に置いてあったので読んでましたね。

ああ~子どものころ見た漫画やアニメってオトナになってからもその人の心の糧になってると最近感じますね。

ガンバからエネルギーもらったからまた明日から頑張ろう!

漫画・アニメ
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る