【大苦戦】ゆとりの若造がアーケード版「初代ドンキーコング」をやってみた!

ゲーム

ここだけの話、札幌中央区の狸小路のディノスという娯楽施設には

レトロゲームがたくさんある!

 

階段を上って二階に大量の昔のアーケードゲームが置いてある。

魔界村だってあるし

ギャラガもある!

後はスーパーマリオブラザーズや
アイスクライマーといった任天堂の作品もちゃんとある。スゲー!

ここはホントに貴重な場所だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当時のアーケードゲームの台が!

その中でも飛びぬけてスゴイモノがあった。

初代ドンキーコングの当時のアーケードゲーム!

ホントにガチの当時の機種である。すごい。

というわけで早速やってみた。

初代ドンキーコングは以前、
ドンキーコング64内のミニゲームでプレイしたことがあったので
ある程度は自信があった。

とりあえず、コイン投入。
100円入れるとしっかり起動した。

ゲーム機の側板にはレバーとボタンが・・・。
壊れないように丁寧に扱ってみる。

す、すごいゲームしにくい・・・。

全体的にプレイしにくい・・・。

何が不便かっていったらまず、
画面が平面のテーブルに張り付いてるので見にくい。

また、ボックスの側面に付いているコントローラー(という名のレバー)も
大きすぎて画面上の小さなマリオを非常に動かしにくい。

うわー!またマリオがドンキーが投げた樽に潰された!

昔の子どもってこんな不便な思いをしながら
ゲーセンでゲームしてたのか・・・。

結果は1面すらクリアできずゲームオーバー。
とほほ・・・。

ま、楽しかったからいっか!

レトロゲームがいっぱいな狸小路のディノスの二階

正直な話、中は暑いしタバコ臭いし決して良いところではないですが
昔の貴重なレトロゲームがいっぱい置いてあるので
興味がある方は行ってもいいかもしれませんね。

中は昔を懐かしむオジサマがゲームを楽しんでおりました。

created by Rinker
ハムスター
¥747 (2018/11/20 17:42:54時点 Amazon調べ-詳細)
ゲームライフハック
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る