不動産投資の初心者には区分所有のマンションがおすすめ!

不動産経営

将来のために不動産投資がしたい!そう考えていてもなかなか実行に移すのは難しいかもしれません。そりゃそうですよね。いきなり銀行から何千万もお金借りてでっかいアパート買うなんてなかなかイメージできませんよね。

そんなあなたは区分所有のマンションから不動産投資をスタートしてみるのも一つの方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

区分所有のマンションは管理が楽

何故不動産投資の初心者に区分所有のマンションを薦めるのかというと区分所有のマンションは物件の中の特定の部屋だけがあなたの所有物なので共用部(廊下等)の清掃やゴミ出しは管理費と修繕積立費を払えば建物全体に関してやることがないからです。

このため、あなたは自分が持っている部屋のことだけに集中できるのです。

優良な区分所有のマンションはネットで簡単に見つけられる

また区分所有のマンションは状態が良いものでも普通にネットで簡単に探すことが出来ます。ボクがこう言うと「え?じゃあ程度の良い一棟建てのアパートやマンションは簡単に見つけられないの?」って話になります。

おっしゃる通りです!初心者というかまだ不動産業界とのつながりが何もない人は簡単には良い条件の一棟建ての物件は購入できません。

良い一棟の物件はそもそも市場に出てこない

何故なら好条件の一棟の物件はネットや新聞の広告に出る前に不動産会社と仲が良い大家さんや投資家の手に渡ってしまい、結局残った状態があまり良くない物件だけ広告に出るからです。

つまり、新聞やネットの広告に出ている一棟売りのアパートやマンションの全てが儲けが出ないハズレなのです。

しかし区分所有のマンションはネットや新聞の広告から出ているものでも状態が良かったり収益性の高いものがわんさかあります。だから初心者にオススメなのです。

区分所有は1Kかワンルームを選べ!

後重要なのが区分所有のマンション場合、「1Kかワンルームのお部屋」を選ぶようにしましょう。

部屋の広さが大きくなるほど賃料が割安になってしまう

何故なら、部屋の広さが大きくなるほど賃料が割安になってしまうからです。

例えばの話、あなたが20平方メートルの1Kのマンションを月8万で貸しているとしましょう。もしこれが40平方メートルの2DK になり広さが二倍になったからとしても賃料まで二倍の16万円になるとは断言できないからです。場合によっては40平方メートルの2DKでも月12~14万の家賃になることがよくあります。

結論:初心者は区分所有のマンション(1Kかワンルーム)

以上の理由から、不動産投資の初心者が効率よく稼げるのが1Kかワンルームの物件であるといえます。経済的にも1棟の物件を買うよりハードルは高くないのでおすすめです。

不動産経営
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る