サプリメントではアトピーは治らない。体の内部を根本から変えるしかない

アトピー性皮膚炎の治療

昔、アトピーで皮膚がボロボロになっていたときの話。

何かの健康番組で「亜鉛はアトピーに効きます!」みたいなことを言ってるのを見てボクはわらにもすがる思いで市販の亜鉛のアプリを試したことがあります。

確か半年ぐらい飲み続けたっけな…。
一日一本、凄い変な味がする奴。

created by Rinker
ディアナチュラ
¥387 (2018/11/21 08:53:18時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

亜鉛でアトピーは改善しなかった

ところが肌荒れは全然良くならず、途方に暮れたことがあります。

変わったのは爪の伸びが早くなったことと、

いろいろと元気になっただけでした。
そう、いろいろと・・・。

体質を内部から変えないとアトピーは良くならない

冗談はさておき、残念ならアトピーを治すためには
その人の体質を根本から変えていかなければなりません。

具体的には肌に免疫力と回復力をつけなくてはなりません。

サプリメントより、生活習慣の改善が大事

怪しいサプリメントや健康食品を取るよりも睡眠時間を多めにとったり、運動して汗をかいてお肌が乾燥しないようにしたりとにかく地道に生活習慣を整えていくしか方法はないのです。

運動して汗をかきやすい体質に

とにかく運動して汗をかくのは非常に大事です。
何故なら、汗をかくことで皮膚が潤い、
バリア機能が向上して肌荒れを防いでくれるからです。

走って汗をかきましょう。
三日に一回、体育館のランニングマシンで3キロ走りましょう。
これだけでも全然違います。汗をかける体になります。

ちなみにボクも三日に一回のペースでランニングマシンで3キロ走ってます。
信じられますか?高校の時ボク体育オール2だったあのボクが!

ちなみにボクの場合、ランニングを半年ぐらい続けたら
悪くなっていた代謝がだいぶ良くなりました。

ランニングはちゃんと続けましょう。さすれば、効果は出ます。

睡眠も大事

後は一日6時間以上は寝ましょう。
キチンと寝ることによって皮膚が再生されますからね。

てか、人間の皮膚が再生されるときって寝ている時だけなんだって。
じゃあ寝るしかないよね!

食事はバランスよく、腹八分目ですます

アトピーの人は食事はどうすればよいのか。
結論から言うととにかくバランスよく食べましょう。
肉・米・魚・野菜偏りなくとりましょう!

あと一番大事なのは量。
腹八分目にしておきましょう。胃腸が弱りますので。

胃腸の健康はお肌につながっているので大事にしましょうね。

冷たいものは控えよう

後大事なのは暑い時ってついつい
アイスとか冷やしラーメンとか
冷たいものを食べがちなのですがこれはよくありません。
胃腸を冷やす一因になります。

ホントに暑い時は仕方ありませんが、なるべく常温の飲み物で我慢しましょう。

アトピー性皮膚炎の治療
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
この記事を書いた人
ヨウヤナイ

ヨウヤナイと申します。北海道札幌市在住。歳は26歳。「やないやないか!」著者。
バリバリのゆとり世代です。当ブログ「やないやないか!」の概要とやないの詳細プロフィールはこちら

ヨウヤナイをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やないやないか!
トップへ戻る