転職して良かった!Uターン・Iターン転職という選択肢もあるよ!

就職・転職

Uターン転職・Iターン転職というのが日本でメジャーになりつつあります。

Uターン転職とは?
学校は地元で卒業し、就職に際して都会に出て、その後、地元へ移住し転職すること
Iターン転職とは?
都会に生まれ育って都心で就職した後、地方に移住して働くこと
どちらもざっくばらんにいうなら、都会から地方へ転職することを指します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

地方で働くのも大いにアリ!

一昔前の日本なら「ビジネスやるならやっぱり東京だろ!」みたいな風潮がありました。しかし今は違います。これからは地方で働くのも大いにアリです。

正直、都会は生産性が低い

正直な話、都会って人が多すぎじゃありません?特に東京!朝は通勤電車で死にそうになるし家賃が高いからどうしても遠距離で長時間の出勤になりがちだし。

しかも夏は死ぬほど暑いし休憩しようとしても座るところすらないのでわざわざ高いカフェにお金払って座らなきゃいけないし・・・。

それだったら東京より地方で働くほうが良くないですか?

地方にだって優良企業は存在する

あとは地方にだって優良企業はあるんですよ!これが。特にやりがいを持てる仕事だったりポジションの募集で首都圏でのビジネス経験者を求めているケースも多いんです。

地方は対象年齢が広がる傾向がある

また地方の求人ですとどうしても応募してくる人が少なくなりますので対象年齢の幅が広がる傾向が見られます。そのため、首都圏の転職市場で厳しい戦いを強いられている方にとっても大きなチャンスになりえます。

地方の企業は都会で働いてきた人を採用したい

地方の優良企業の場合、経営を担うマネジャーを採用したくても地元では望み通りの人材になかなか出会えないことが多いです。だって地方なんだから。田舎なんだから。

しかし、それもあって首都圏や都会の企業で揉まれてきた人材を目当てに求人を募集していることもあります。

次期社長の右腕を求めているケースもある

また、地方の会社だとその会社の次期社長の右腕を募集しているなんてこともあります。

これはボクの大学時代の友人のお兄様の話なのですが実際に東京のとある大企業で営業マネージャーを経験した方がビルとマンションを何十棟も持っている地方の不動産会社の役員として引き抜かれたケースがあります。

都会では当たり前のスキルが地方で評価されることがある

このように都会では当たり前なビジネスの感覚やスキルが地方企業では重宝されるケースが少なくありません。

例え無名でも、規模が小さくても将来性のある地方企業に転職すればその会社も大きく伸びるしあなたのキャリアもより充実していくことでしょう。

トップへ戻る