年代ごとの戦略が重要!20~30代の転職の戦略とは?

就職・転職

あなたは転職するとき、戦略というものを建てたりしていますか?

いざ、転職するときってどうしても
その人の年代によってどこの会社を受けるのか
どの仕事・役職を狙うのかキッチリと戦略を練る必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

20代前半は「今の会社で出来ること」を確認すべし!

学校を卒業後、社会人として働いて3年以内の人は一般的に「第二新卒」と呼ばれ、
この層をターゲットとする採用や転職サービスも充実しています。

新卒の時に既にビジネスマンとしての基本を学んでおり、しかも特定の企業のクセがまだ体に染みついていないという点から第二新卒を求める企業は意外と多くあるのです。

第二新卒の大半は新卒入社した会社に不満を持っている

第二新卒の方の大半は新卒入社した会社に不満を持って転職を考え始めるというわけです。しかしこの場合、いまやっている仕事内容や上司との人間関係に悩んでいるパターンがほとんどです。

そんなときはたいてい、自分がいる部署だけ見て「仕事がつまらない・尊敬できる先輩がいない」と判断しがちです。

違う部署なら活躍できるかも?

ところがどっこい、自分が今いる部署から一歩出てみてみればひょっとしたら活躍できる場所があるかもしれません。

まずは今いる会社で、自分の理想や目標を実現できないか探ってみましょう。

もちろん、体を壊すくらいなら即刻辞めてしまおう

あ、これはもちろんあなたの体の健康状態が良好であるという前提があって初めて成り立ちます。もし、今いる会社でパワハラがひどかったり過度の長時間労働があるときは躊躇せず辞めてしまいましょう。

20代前半が転職するとしたら?

もし20代前半のあなたが転職を考えるのなら「自分が成長できる場所はどこか」という視点で考えることが大事です。だってまだ若くて大いに伸びしろがあるんだから。

20代後半~30代前半の転職の戦略

次に20代後半~30代前半の転職の戦略について説明します。
特に中途採用において「年齢」という面でもっとも市場がアツいのが
20代後半~30代前半、いわゆるアラサーの世代ですね。

経験もあり、柔軟性も併せ持っている

20代後半~30代前半の何が強いってある程度責任のある仕事を経験してるし、かと言って考え方も年配の方と違って凝り固まっていないので新しいことを吸収したり、変化に対応出来るんですよね。

企業からしたら一番融通が効くんですよ。この世代は。

一番転職市場で有利な年代

もっと言うと20代後半~30代前半は転職市場でとても有利です。
これまで積み上げてきた経験やスキルを活かして転職するのか、それとも全く別の業界に転職するのかどちらも選ぶことが出来ます。

とにかく選択肢が豊富な反面、進路に悩むと思いますので
自己分析をしっかりと行いましょう。

トップへ戻る