アトピー性皮膚炎の原因と治療、そして闘病

スポンサーリンク

f:id:yanai8713:20160903173037j:plain

 はじめに

どうも、やないです。

最近夏バテと持病のアトピーが悪化して

ブログの更新が滞っています(滝汗)

 せっかくだから今回は

アトピーのことについてお話ししましょう。

そもそもアトピー性皮膚炎とは?

アレルギーやストレス、細菌によるもの、

生活環境によるもの、などなど様々な理由で

皮膚に痒みを繰り返す病気のことです。

重症の人だとついついかきむしってしまい

全身が腫れ上がって血まみれに・・なんて人も

中にはいます。

治療法

基本的に皮膚科から処方される

塗り薬を患部に塗る、飲み薬を飲むといった

治療法になります。

具体的には

ステロイド剤といったものを

患部に塗ります。

ちなみに僕はこちらを顔面、耳以外の肌に使っています。

f:id:yanai8713:20160904153319j:plain

アンテベート軟膏0.05%の効果・副作用 – 医療総合QLifeより引用

顔面、耳には上のアンテベートより

効能が弱めの薬を出してもらっています。

(顔と耳は肌が弱いため)

また塗り薬と合わせてアトピーの痒みの原因となる

ヒスタミンを抑える薬などを飲んだり

しています。

これを飲むとだいぶ痒みが収まります。

他には皮膚の形成に必要な亜鉛、ビタミンCなどの

サプリメントを摂取したりしています。

アトピーとの戦いの日々

実はボク、子どものころからアトピーとの

戦いの連続でした。

 小学校のころに

体の関節がかゆくなり

ついついかきむしってしまい

血だらけになることとか

もうしょっちゅうでした。

 成人してからはわりと収まっていましたが

大学四年の時、

就職活動のストレスが原因で再発!

もーかゆくて痛くて

一睡も出来ない!なんて日もありましたw

 こちらが一番マックスで悪いころの写真です↓

f:id:yanai8713:20160903141445j:image

 
f:id:yanai8713:20160903141504j:image
 現在は皮膚科で処方してもらえる薬を
塗ったりしているので大幅に症状は良くなりましたが
 それでも夏とかになると症状が悪化します。
一進一退を繰り返している状況です。

アトピーがより社会に認知されるように

だからといって
「私はかわいそうな悲劇のヒロインなの💛」
とどや顔したいわけではありません。
アトピー性皮膚炎は他の病気と比べて
世間的には軽く見られがちです。
「あんなのただ体が痒くなるだけじゃないの?」
「死なないだけましじゃん!」
なんて声もチラホラと聞きます。
違います!
アトピー性皮膚炎の患者の中には
入院したり
休学・休職に追い込まれ、
社会生活の大きな妨げになる場合も
多々あります。
それに全身にアトピーが広がったときは
もうまさに生き地獄!
かゆいし痛いし正直
「死んだほうがマシだ!」
と一瞬思ってしまう時もあります。
それくらいつらい病気なのです。
この病気の認知度、というか
つらさが他の健康な人にも
伝わればいいと思い、
今回の記事を書いた次第です。

まとめ

なんだかお堅い内容になってしまいましたが

 このやないのアトピー闘病記、

結構エピソードがわんさかあるので

これからも続けていく予定です。

こうご期待!

 
 
スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございました。 この記事を気に入って頂けたらシェアしてくれると嬉しいです。

フォローしていただけたらお得な情報をお届けします。

Facebookページへのいいねボタン
この記事をお届けした「やないやないか!」更新情報を、いいねしてチェックしよう!